抗生剤とは何か?

抗菌薬は人工合成物質と微生物が生産した化学物質の化合物であるのに対し、抗生物質は微生物が生産した化学物質のみで作られています。抗生物質を利用されたかたならお分かりかとおもいますが抗生物質は感染がおきた際に微生物を殺す役割を果たします。抗生物質とは、細菌感染症に有効な薬です。青カビから発見されたペニシリンという物質が有名ですが、微生物がつくった病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりする役割を持ちます。

抗生剤の種類は?
作用機序の分類としては、核酸合成阻害薬、細胞壁合成阻害薬、蛋白合成阻害薬に大きく分けられます。
核酸合成阻害薬:キノロン系 ・サルファ剤 ・リファンピシン
細胞壁合成阻害薬:βラクタム系 ・グリコペプチド系 ・ホスホマイシンetc
蛋白合成阻害薬;テトラサイクリン系 ・アミノグリコシド系 ・マクロライド系 ・クロラムフェニコール ・リネゾリド

抗生剤の選び方
抗生剤はそれぞれ、特定の細菌にしか効果をもちません。したがって、感染症の治療に使用する抗生物質を選択する場合、医師はまず、病原菌が何であるかを推測します。たとえば、いくつかの感染症は特定の種類の細菌により起こります。絞りこんだ数種類の菌全部に対して有効だと思われる抗生物質がある場合は、それ以上の検査は必要とされません。複数の種類の細菌によって引き起こされたと思われる感染症、あるいは抗生物質に対する感受性が不明な細菌による感染症の場合は、患者から血液、尿、組織などのサンプルを採取し、検査室で感染菌の特定を行う必要があります。

抗生剤の副作用とその対策
抗生剤は、もともと細菌によく効き、人の細胞に影響を与えないようなものが選ばれ、なるべく副作用がでないように作られています。 しかし、人にとっては「異物」であるため、いろいろな副作用が出ることがあります。 抗生剤は効果が大きく、その割に副作用が少ないことから安心して使える大事な薬剤なのですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

下痢:比較的多い副作用です。これは抗生剤が腸内細菌という善玉の細菌にも影響を与えてしまう結果、消化のはたらきが悪くなってしまうからです。

肝臓・腎臓障害:多くの薬は、肝臓で代謝され、腎臓から体の外に出されますので、薬によっては肝臓や腎臓に影響を与えることがあります。
アレルギー反応:抗生剤は異物ですから異物に対する人のアレルギー反応として発疹や吐き気、めまい、ふらつき、症状が強いときはショックなども起こすことがありえます。 (ペニシリンのショックは有名です)

耳鳴り:耳鳴りの副作用は、放っておくと難聴になることもあるので、すぐに服用を中止しましょう。なお、耳鳴りは、キーンという高音だけでなく、ジー、ザー、シャーッといった比較的低音のものもありますので、注意が必要です。

そこで、抗生剤の適切な使い方を学びたいと思います。まず、処方されたからといって、安易に抗生物質を飲まないことが重要です。また、使用する場合は、しっかりと用法を守って服用し、細菌を死滅させることです。1度飲んで、症状が軽くなったからあとは飲まない、というのが最も危険です。従って、「できるだけ飲まない、飲むときはしっかり飲む」の姿勢が重要です。抗生剤は非常に効果の高い薬ですが、その分副作用も大きいため、十分に注意して使いましょう。